理想的なバイアグラの使い方

バイアグラ,使い方

薬についての意識が変わる。「薬に頼る」から「薬を利用する」へ

 

日本人はどうしても様々薬に頼りすぎです。不眠で睡眠薬を服用している人は「睡眠薬に頼っていいのか」といつも不安でいっぱいです。睡眠薬は眠れないときに医師の指示の範囲で眠れそうにないときにだけ「利用するもの」なのです。薬を使っていることに常に罪悪感を持っているようです。

 

バイアグラを使用する人は、ほぼ確実にこの意識を変革できるだろう。必要時に「主体的に」薬を「利用する」のだから、主体性を取り戻せるのです。

 

薬に心理的に依存するという誤った心理的態度は、バイアグラを利用することによって人生の質を高める意識に変革される。
そして、この意識が人間をより積極的にする。いわゆる、ポジティブシンキングができるようになるのです。

 

バイアグラにはこんな効果も考えられます。
すでに個人輸入してバイアグラの使っている人の経験を紹介します。

 

バイアグラ,使い方

この人は大手企業の部長で、社会的には何一つ不足ない人物です。ただしインポテンツに悩み、それについては、ここ数年どうしてもいい方法が見つからなかった。そのために使った費用は1000万円を超えたといいます。

 

数十種類の日本や海外の薬を試したのです。これまでの薬でも、多少効果のあるものはあったのですが、決定打とはならなかったのです。

 

しかし、はじめてバイアグラの飲んだ時に感銘を受けたのです。硬くなるだけでなく持続力がすごく、さらに自分なりに工夫して最良の使用方法を発見したのです。

 

バイアグラ,使い方

その方法は2日間半錠ずつのみ、行為の日には1錠飲むといいます。そのおかげで勃起不全が完全に回復し、大いに人生をエンジョイできるようになり、もともとの抗人物と合わせて女性にも喜ばれているとのことです。

 

では、ほかの女性たちとは?と聞くと「私は動物でないから、強くなったからと言って相手を変えたりはしないよ」と、理想的なバイアグラの使用例です。

 

バイアグラの珍しい副作用

 

臨床試験中に認められた副作用の中に、発現率が2パーセント未満のごくまれなものがいくつかありました。

 

これらは本当にバイアグラに起因するのか、それともバイアグラの服用中にたまたま発症したのかはっきりしないのです。ファイザー社ではバイアグラ服用との関連がありうるといし低下の症状を上げています。

 

全身的な副作用
顔面の浮腫、光毒性反応、ショック、無力症、痛み、悪寒、転倒、腹痛、アレルギー反応、脱根の痛み、けが

 

心臓血管系の副作用
狭心症、房室ブロック、偏頭痛、失神、頻脈、低血圧、起立性低血圧、脳血栓、心停止、心不全、心電図の異常所見、心筋症

 

消化器系の副作用
嘔吐、絶縁、大腸炎、胃炎、胃腸炎、食道炎、口内炎、肝機能検査の異常所見、直腸出血、歯肉炎

 

血液、リンパ系の副作用
貧血、白血球減少

 

代謝、栄養素の副作用
関節炎、関節症、筋肉痛、腱断裂、腱鞘炎、穂への痛み、筋無力症

 

神経系の副作用
運動失調、神経痛、ニューロパシー、異常感覚、震え、めまい、うつ、不眠、眠気、悪夢、反射機能の低下、知覚減退

 

呼吸器系の副作用
喘息、呼吸困難、喉頭炎、咽頭炎、副鼻腔炎、気管支炎、タン・籍の増加

 

皮膚および付属器の副作用
蕁麻疹、単純ヘルペス、かゆみ、発汗皮膚の潰瘍、接触性皮膚炎、剥脱性皮膚炎

 

感覚系の副作用
瞳孔拡大、結膜炎、耳鳴り、目の痛み、難聴、耳の痛み、目の充血、白内障、ドライアイ

 

泌尿器系の副作用
膀胱炎、頻尿、失禁、異常射精、性器浮腫、無オーガスム症